2020年7月場所個別評価&9月場所に向けて 高安

2020年11月8日

東前頭13枚目 高安 10勝5敗 

 7月場所は10勝5敗という成績だった。前半戦は4勝4敗で折り返した。そして10日目までは五分の星だったが11日目からは連勝し、2桁勝利に乗せた。勝ち越しは5場所ぶりである。去年までは大関だったので平幕下位での2桁勝利は当然と言える。

 内容に関しては前半戦は動きが鈍く、本来の相撲ではなかった。それでも5日目は7月場所優勝の照ノ富士を寄り切りで破り、初黒星を付けた。相撲は立ち合いは頭でぶつかり、四つには組まず、突き押しで応戦した。そして相手得意の右四つになったが高安は落ち着いていた。重心を低くして寄り、相手の左上手を許さなかった。元大関同士の真っ向勝負だったので取組後は大きな拍手が起こった。見ごたえのある一番だった。そして終盤は連勝したが動きが良くなり、力の違いを見せつけた。千秋楽は平幕上位の隆の勝と対戦したが、かち上げから左おっつけを見せ、相手がバランスを崩したところを右から引き落とした。伸び盛りの若手を相手に格の違いを見せた。

 9月場所は番付を上げるが勝ち越しはできると思う。平幕上位に上がった時に勝ち越せるかどうかが今後に向けて大きなポイントになりそうだ。大関から陥落したが年齢は30歳とまだ若い。現役生活はまだまだ続くと思うので本人がどこを目標にして相撲を取るかに注目したい。また平幕の元大関で唯一優勝していないので優勝を目標にするのも悪くない。最近1年があまりに悪すぎたので巻き返しを期待したい。