2020年7月場所個別評価&9月場所に向けて 栃ノ心

2020年11月8日

西11枚目 栃ノ心 10勝5敗 

 前半戦は5勝3敗で折り返した。後半戦は10日目から連敗するも13日目に勝ち越しを決めた。そして千秋楽は新入幕の琴勝峰を叩き込みで破り、白星を2桁に乗せた。勝ち越しも2桁勝利も6場所ぶりである。本人もおそらくホッとしていると思う。  

 内容に関しては力の違いを見せる相撲があった一方、魁聖戦や照ノ富士戦などがっぷり四つに組んでも勝てない相撲があったという部分で少し物足りなさが残った。やはり右膝を痛めているので左上手を取ったとしてもいつも程は力が入らないのだと思う。あとは相手に動かれてしまうとついていけないといった相撲が見られた。やはり動かれる前に四つに組みたいところだ。それでも終盤は連勝し、2桁まで星を伸ばした。気持ちを切らさず、粘り強く相撲を取った結果であり、立派だったと思う。

 9月場所は番付を上げるが再度の勝ち越しを期待したい。右膝の回復は厳しいと思われるので前に出る相撲を期待したい。また7月場所前に同部屋の栃煌山が引退したが栃煌山の分まで頑張って欲しい。