大相撲11月場所個別評価 照ノ富士

 帰り三役で小結の照ノ富士は今場所は13勝2敗の好成績で技能賞を受賞した。2日目の朝乃山戦はどちらが大関か分からないという豪快な相撲で上手投げで転がした。これで勢いに乗り、初日から7連勝した。しかし8日目から連敗。その後は連勝したが10日目と11日目は二本差されており、相撲内容は決して良くなかった。しかし12日目は関脇御嶽海を速攻で寄り切り、相撲を立て直した。その後も白星を並べ、星一つ差で貴景勝を追走し、千秋楽の直接対決に持ち込んだ。そして本割の相撲では貴景勝の当たりを受け止め、いなしもこらえて残り、最後はつかまえて浴びせ倒した。大関復帰をアピールしたという意味では十分すぎる内容だった。優勝決定戦は敗れたものの13勝を挙げたこと、そして決定戦に持ち込んだことに意義がある。また終盤の土俵を盛り上げたのも評価できる。

 内容に関しては右四つの相撲に安定感があった。復活後上位力士との対戦が2場所目ということで慣れてきた部分もあったと思う。また押し出しで2番勝っており、組み止められなくても前に出る相撲で白星を挙げていた。対戦相手も右四つ得意は分かっているのでなかなか得意の四つには組ませてもらえない。それでも右からおっつけたり、廻しを取るなどして上手く対応していた。先場所までは左上手を取れないと脆い部分もあったが、その点でも成長している。

 負けた相撲に関しては8日目の大栄翔戦は前に出るも相手に上手く回り込まれ、懐が開いたところを押し出された。負けた照ノ富士よりも勝った大栄翔の執念が上回ったという一番だった。そして9日目の高安戦は高安の右からのおっつけに一気に後退したところから防戦一方になった。最後は左上手を取られ、頭を付けられて送り出された。高安の右からのおっつけが全てだったが、最後は頭を付けたというところに高安の執念を感じた。ということで負けたことを除けば相撲内容は決して悪くなかった。問題の膝もそれなりに踏ん張れていた。

 今年の照ノ富士は1月場所は十両であり、一気に番付を戻してきた。また7月場所の優勝も大きかった。結果だけでなく、相撲内容も変わってきており、以前のように抱え込んで振り回す相撲はほとんどなくなった。右四つの相撲にも磨きをかけており、特に右の使い方が上手くなっている。そして前に出る相撲を心掛けているので膝への負担も少ない。ただ怪我が回復したから番付を戻してきたという訳ではなく、その部分を分かっていただけたらこちらとしても嬉しい。

 1月場所は2桁勝利が求められるが、13勝以上を挙げれば場所後の大関復帰が濃厚である。まずは2桁勝利を目指したうえでクリアできたら13勝を目指すのが良さそうだ。仮に13勝に届かなくても今場所13勝を挙げたのは3月場所にもつながってくる。またこのままの勢いで13勝をクリアする可能性も十分あると思うので頑張って欲しい。古傷の膝の問題もあるので今がチャンスである。取りあえずは大関復帰である。更にその上も目指せると思うので今後に期待したい。