大相撲11月場所個別評価 高安

 4場所ぶりに三役に復帰し、小結での土俵となったが8勝7敗で勝ち越した。前半戦は4勝4敗で折り返した。そして後半戦は12日目に7勝目を挙げるも13日目から連敗。千秋楽は玉鷲を寄り切りで破り、ようやく勝ち越しを決めた。

 やはり9日目に照ノ富士に勝った相撲が光った。組まれたくないので押し相撲を選択。攻防の中で自ら左上手を取り、相手に四つに組ませない形で料理した。スタミナも戻ってきている。また先場所までと違って立ち合いでかち上げる相撲が増えた。復調してきているのは分かる。しかし場所を通しての安定感はなく、相撲にばらつきがあった点は否めない。上位との取組では御嶽海戦は完勝だったが貴景勝戦と隆の勝戦は完敗と言える相撲内容だった。また勝ち越しを目前にして13日目は入幕2場所目の翔猿に、そして14日目は入幕3場所目の琴勝峰に負けたのも物足りない。復調途上とはいえ、元大関が入幕したばかりの力士に簡単に負けてはいけないと私は思う。それを除いても今場所仮に横綱・大関が出場していれば負け越していた可能性は十分ある。厳しい言い方になるが間違っても三役にとどまって喜べる相撲内容ではない。

 1月場所に関しては再び小結の地位となるが勝ち越しを期待したい。ポイントはやはり立ち合いの当たりである。難しいことではあるが、立ち合いの当たりに安定感が欲しい。そして安定感が出れば2桁勝利が見え、更には大関復帰が見えてくる。また若手力士が台頭してきているので、存在感を見せたい。