2020年7月場所個別評価&9月場所に向けて。 白鵬

2020年11月8日

東横綱 白鵬 10勝3敗2休

 初日から連勝し、2場所連続となる中日勝ち越しを決めた。並走していた新大関朝乃山が10日目に敗れ、単独トップに立ったので白鵬優勝のムードが高まった。しかし11日目に小結大栄翔に押し出しで敗れて初黒星。そして翌12日目は関脇御嶽海に土俵際の逆転の突き落としで土俵下に転落し、2敗となった。また取組後に右足を気にする仕草を見せていたが13日目から休場した。どうやら4日目の隆の勝戦で古傷のある右膝を痛め、御嶽海戦で悪化させたみたいだ。今振り返っても9日目の碧山戦は勝ったものの土俵下で転がっていた。足に踏ん張りが効かないというのはあったのかもしれない。ただ休場は仕方ないとはいえ、鶴竜も2日目から休場しており、13日目からは横綱不在となってしまった。地位を考えれば千秋楽まで勤められなかった責任は重い。結局13日目以降は大関以上は朝乃山1人になってしまった。

 内容に関しては初日から厳しい相撲を取っていた。相手の当たりを真正面から受け止め、まさしく横綱相撲を取っていた。5月場所が中止となり、1場所空いたので力が有り余っていたという部分もあるかもしれない。要所では厳しい相撲を取る白鵬だが初日から連日厳しい相撲を取る白鵬を観たのは久しぶりである。怪我さえしなければまだまだやれそうな雰囲気である。

 負けた相撲に関しては大栄翔戦は2度も体が泳いでいた。白鵬がバランスを崩すことは滅多にない。それだけ右膝の状態が良くなかったということだと思う。御嶽海戦は右上手を取り、十分な体勢に見えたが逆転の突き落としを食ってしまった。これもやはり右膝が原因だと思う。膝に力が入っていないので廻しを取っても十分に引き付けられず、逆転を許してしまう。この相撲に関しては不用意に寄ったのが敗因ではない。自分では万全の体勢で寄ったつもりが右膝が踏ん張れなかったというのが本当のところだと思う。

 9月場所に関してはしっかりと治療したうえで臨んでほしい。体調管理は得意なのでその部分は大丈夫だと思う。もうひとつ気になるのが朝乃山の存在である。これは鶴竜にも言えるが横綱として朝乃山の壁になってほしい。またそれが朝乃山のためにもなる。おそらくだが両横綱には朝乃山が横綱を目指す中で欠けている部分がわかっていると思う。両横綱が休場する中で朝乃山が連続優勝し、横綱に昇進する姿を私は観たくない。やはり終盤で直接対決し、横綱としてのプライドと技量を朝乃山に見せつけてほしいところだ。怪我は仕方ないが7月場所は白鵬と朝乃山の対戦が観られなかったのは非常に残念である。その意味では7月場所は朝乃山が優勝しなくて良かったと私は思っている。また9月場所は朝乃山との対戦を楽しみにしたい。