大相撲9月場所個別評価 若隆景

2020年11月22日

 東前頭8枚目だったが9月場所は11勝4敗の好成績だった。これで2場所連続2桁勝利となった。序盤は1勝2敗と黒星が先行するも4日目からは連勝し、10日目に勝ち越しを決めた。そして11日目も勝ち、優勝争いの先頭に並んでいた。しかし12日目は相星の翔猿に敗れて3敗となり、優勝争いから一歩後退した。その後14日目は御嶽海に敗れて4敗となり、優勝争いから脱落した。しかし千秋楽は志摩ノ海に勝ち、11勝目を挙げた。

 内容に関してはスピードのある四つ相撲が光った。特に良かったのが9日目の高安戦である。立ち合いで相手の懐に入ると右は差すのではなく、おっつけで相手の体を起こし、背中を向かせたところを押し出した。若隆景は右四つが得意なので差してしまいたくなるところだが差さずにおっつけたのは好判断だった。またおっつけて高安を後ろに向かせるくらい攻めが力強かったということである。またおっつけが持ち味の力士ではないが器用な相撲が取れるのが若隆景の特長である。その一方で負けた碧山戦のように相手に正面に置かれたり、また阿武咲戦や御嶽海戦のように組み止められると苦しくなる。今後もスピードを活かしつつ、止まらない相撲が求められる。

 11月場所は平幕上位に番付を上げそうである。先程も言ったが組み止められてはどうにもならないので速い相撲を期待したい。それでもスピード、特に懐に入るスピードは速いので対戦相手によっては上位力士も苦労するかもしれない。また新入幕で千秋楽まで優勝争いに絡んだ翔猿のように似たタイプの力士が一人もいない。研究されるまでは平幕上位でもそれなりに相撲が取れるのではないかと私は見ている。あとは現在体重が129キロなのでできれば増量してほしいところだ。太りにくい体質に見えるが増量すれば押されにくくなる。少しでも体重を増やして次の場所を迎えたい。