2020年7月場所個別評価&9月場所に向けて 大栄翔

2020年11月8日

東小結 大栄翔 11勝4敗

 2場所ぶりの小結となったが11勝4敗の好成績で殊勲賞を受賞した。前半戦は5勝3敗で折り返した。そして後半戦はやはり11日目に全勝の横綱白鵬を破り、初黒星を付けた相撲が光った。結局10日目以降は全て白星を並べて場所を終えた。成績は立派だが不戦勝の2番は横綱鶴竜と大関貴景勝である。また再入幕の照ノ富士が終盤に上位力士と対戦した影響で御嶽海戦が組まれなかった。

 内容に関しては突き押しの威力が少しずつ増してきている。白鵬戦がそれを象徴しているし、朝乃山戦もあと一歩というところまで追い詰めた。またそれと同時に経験を積みながら土俵際の逆転負けも少なくなってきている。着実に力を付けてきているのが観ていても分かる。その一方で小結2場所目の力士に言うのは酷かもしれないが平幕相手に3番負けている。今後を考えればもっと減らしたいところだ。また平幕相手にはきっちり勝ち切れる安定感も求められる。ただ終盤3日間は平幕相手にしっかり勝っており、その点は評価したい。

 9月場所に関してだが新関脇に昇進した。これで地位も正代、御嶽海と同じである。目指すは2桁勝利である。上位力士に勝てる力があるのは分かっているので平幕相手の取りこぼしを少なくすることがポイントである。個人的には正代や御嶽海より才能を買っている。年齢は2人よりも若く、2人と違って高卒で角界に入ってきているので下積みもできている。相撲の取り口もまだ完成されてはいない。目指すは現理事長の元横綱北勝海のような相撲である。もっとスピードを増し、理事長の現役時代のように間髪入れずにのど輪を突き刺すような相撲を期待したい。