大相撲11月場所個別評価 琴勝峰

 西前頭5枚目であり、自己最高位だったが8勝7敗で勝ち越した。これで入幕後3場所連続の勝ち越しとなった。前半戦は4勝4敗で折り返した。そして後半戦は上位力士と対戦したが健闘し、14日目は元大関高安を押し倒しで破って勝ち越しを決めた。

 内容に関しては今場所は押し相撲が多かった。四つ相撲も取れるが立ち合いで押し込まれたら勝てなくなるので選択は間違っていなかったと思う。それでも立ち合いの威力にばらつきがあった結果の8勝7敗である。しかし後半戦は上位力士を相手に結果を残した。貴景勝には勝てなかったものの、隆の勝と高安には勝った。そして10日目の御嶽海戦は立ち合いで当たり負けしたものの、突いて右からいなし、最後は送り出した。懐の深さ、そして体の柔軟性を見せた一番だった。まだ相撲の取り口は完成されておらず、末恐ろしさを感じる。また負けはしたものの3日目の栃ノ心戦や、物言いがついた千秋楽の大栄翔戦は驚異的な粘りを見せていた。今後対戦相手はそのことを頭に入れて相撲を取る必要がある。

 1月場所は初の上位力士総当たりの番付となるが勝ち越しを期待したい。そして相撲に関しては突き離してから右四つに組み止めるのが理想ではあるが、まずは押し相撲を磨いてほしい。立ち合いで相手を押し込めれば勝てる可能性が高くなるからである。あとは稽古場で四つ相撲の稽古をしてほしいところだ。いずれにしても目先の結果にこだわらず、「三年先の稽古」を求めたい。将来の横綱候補と言っても過言ではないので更なる成長を期待したい。