頑張れ芝! その1

2020年11月22日

 琴太豪同様、新十両昇進に向けて苦労しているのが芝である。それでは芝の紹介をしたい。芝は東京都町田市出身で木瀬部屋所属であり、年齢は28歳である。身長176センチ、体重160キロであり、左四つ・寄りを得意としている。ちなみに町田市出身ということで元幕内北太樹の現小野川親方と同郷である。

 埼玉栄高校から日大に進学し、相撲エリートコースを歩んだ。しかし日大在籍時は1年次は団体戦レギュラーの座を獲得するも2年時にはレギュラー落ちを経験し、同学年の大翔丸や剣翔に差をつけられた。相撲への熱意を半ば失った状態だったが国体に埼玉県代表として出場した際に相撲を楽しく思えるようになったことを契機に、大相撲入りを決意した。

 そして高校・大学の2年先輩の英乃海が所属している木瀬部屋に入門し、2014年3月場所に初土俵を踏んだ。同年11月場所で早くも幕下に昇進し、順調に出世していた。しかし2015年1月場所で自身初の負け越しを経験した。その後は同年11月場所に幕下優勝するなど番付を上げていった。ただ時々幕下5枚目以内に入っては負け越して番付を下げるといったことが続いている。11月場所の番付は西幕下40枚目である。

続く