大相撲11月場所を振り返って 優勝争い その3 

 決定戦は貴景勝はぶちかましを選択した。照ノ富士の変化はないと確信し、おそらくモニター画面を見た後から腹は決まっていたものと思われる。ぶちかましと突きで照ノ富士は後退。最後は押し出しで決着をつけた。

 勝負はついたがこれは私としては両者を褒めたい。貴景勝は本割で負けて弱気になってしまうところだったが短い時間の中で気持ちを切り替えた。そして横綱が全休し、ほかの大関が途中休場する中で一人大関としての立場を守った。私は精神面が強くなければ優勝は逃していたと思う。本割で負けたとはいえ、決定戦で気持ちを立て直した点は評価したい。

 一方負けた照ノ富士は優勝を逃し、非常に悔しかったと思う。しかし星一つ差で連勝しての逆転優勝は至難の業である。また本割の相撲で勝ち、13勝を挙げたことに意味がある。なぜなら大関昇進の起点となるだけでなく、来年の1月場所で好成績を挙げれば大関昇進の可能性が出てきたからである。また13勝に届かなくても2桁勝利を挙げれば次の大関獲りの場所はハードルが低くなる。あらゆる意味で13勝というのは大きい。そして貴景勝同様、役力士として、そして元大関として優勝争いをし、場所を引き締めたという点も評価できる。

 三賞は13勝を挙げた小結照ノ富士が2度目の技能賞を獲得した。そして敢闘賞は終盤まで優勝争いに絡んだ志摩ノ海と、再入幕で10勝を挙げた千代の国がいずれも2度目の受賞となった。殊勲賞は該当者なしだった。そして十両は決定戦の末、翠富士が初優勝を決めた。成績は10勝5敗である。

終わり